矯正歯科

  1. ホーム
  2. 矯正歯科

歯科矯正とは

下記のような歯並びのことを「不正咬合」といいます。

歯科矯正を行う目的は、正しい歯並びにすることで、不正咬合によって生じるさまざまな障害や、口もとのコンプレックスを取り除くことです。

矯正している歯の写真

不正咬合

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

歯と歯が重なりあっている「八重歯」や「乱ぐい歯」のことです。

反対咬合(はんたいこうごう)

反対咬合(はんたいこうごう)

下の歯が上の歯よりも前に出ているかみ合わせで「受け口」のことです。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯が下の歯よりも突き出ている噛み合わせで「出っ歯」のことです。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯はかんでも前歯はかみあわずに開いている状態です。

なぜ歯科矯正が必要なのでしょうか

美しい容貌や素敵な笑顔を作ることはもちろん、歯などの口腔内や全身の健康を維持するために必要なのです。

以下の事例のように、歯科矯正は健康面とともに精神面の向上をめざすことが目的です。

矯正歯科について、よくあるご質問をこちらでご紹介しております。

笑顔の女性

❶ むし歯や歯周病になりやすい

歯が重なったり凸凹に並んでいると、十分に歯みがきができずに食べかすもたまりやすくなります。そのため、むし歯や歯周病にかかりやすくなります。

歯が痛い女性のイラスト

❷ よく噛めない

歯並びが悪いと正しい咬合ができません。そのために、食べ物を正しく噛むことができず、まる飲みのクセがついてしまい、胃腸にも大きな負担を与えてしまいます。

困っている女性

❸ 顎の成長、顔の形にも影響する

顎の骨や顔の筋肉は、正しくかむことで発達します。不正咬合だとそれができませんので、 顎が未発達になったり、顔が歪んだりする影響がでてきます。

男子学生のイラスト

❹ 口元が気になる

歯並びが悪いとコンプレックスの原因になり、話したり笑うときについ口もとを手で隠したりします。 ストレスもたまり、歯ぎしり、肩こり、姿勢も悪くなりがちです。

マスクしている男性のイラスト

❺ 発音しにくい

噛み合わせの状態によって、さまざまな発音障害がでてきます。とくに英語などの外国語の発音が難しくなります。

発音がわかりにくい女性のイラスト
定期健診・矯正・義歯・ホワイトニング・インプラントなど、歯に関することはお気軽にお問い合わせください。痛みのある方は、お電話にてご相談ください。さくら歯科クリニック TEL:029-835-6770
PAGE TOP
Copyright© さくら歯科クリニック All Rights Reserved.